2020年4月15日水曜日

パワーポイントのスライドショーを使ったオンデマンド教材作成



パワーポイントのスライドショーに音いれて,教材をつくると言うのは,知っていて使ったこともあったが,改めてやり方を調べてみた。

スライドショーの記録だけでなくて,pcの画面の記録もできる。パワーポイントでこんなことができるなんて知らなかった。

PCを使って録画


スライドショーメニューから,「スライドショーの記録」を選択。








Office 365 2019やOffice 365 2019Proplusでは,このようにスライドショーの記録をコントロールする画面が現れる。
















記録の開始,停止,一時停止
ノートの表示
マイクやカメラのオン・オフ (pcのwebカメラの画像を映り込ませることができる)

記録が終わったら,撮り直ししたいときは,スライドショーの記録からやり直す。スライド毎に撮り直しができるようだ。












よければ,ファイルからエクスポート->ビデオの作成を選択。















画像の大きさはSD(480p)が良いかな。
記録されたタイミングとナレーションを使用する(記録後はこうなっている)
右下のビデオの作成をクリック。
動画(mp4)のファイル名を聞いてくるので入力する。


「画面録画」を使う場合。

パワーポイントには,pcに表示している画面をそのまま録画する機能がある。これを使えば,スライドショーの画面だけでなく,pcに表示されている任意の画面を録画できる。


挿入メニューから画面録画を選ぶ。








領域の選択で録画したい部分を選択
音声,ポインターの記録を選択
録画をクリック
録画の停止はWindows+ALT+Q
録画データはビデオとしてスライドの挿入されている。
動画ファイルの作成には,スライドショーの時と同様にエクスポートからビデオの作成を行う。






動画ファイルの加工(トリム,サイズ縮小)が必要なとき。

動画ファイルの作成後,その前後をトリムしたり,またファイルのサイズを縮小した場合,市販の動画編集ソフトで可能だが,時間の前後のカットやサイズの縮小はパワーポイントでもできる。

時間枠の切り出し
まずスライドにビデオを挿入する。
挿入->ビデオ
または,ビデオファイルをスライド上にドラッグ。









挿入されたビデオをクリック
再生->ビデオのトリミングを選択










左の画面が現れるので,必要な範囲を切り出す
加工が終わったら,スライドショー,画面録画の時と同様にエクスポートする。



















ファイルの圧縮

パワーポイントを使って動画のサイズを縮小することもできる。

ファイル->情報
メディアの圧縮を選択。


動画ファイルの容量を削減できる。エクスポートの前に行う。 
480p(最小サイズ)を選ぶとパワーポイントのスライドショーは5MB/分程度まで圧縮できた。










mp4ファイルを作成しない方法


スライドショーを記録し,スライドショーファイル(ppsx)として配布することもできる。視聴者はファイルを開けばスライドショーを見ることができる。しかし,そのためにはパワーポイントがインストールされていることが必要。スマホの使う場合には注意が必要のようだ。アンドロイドの携帯でテストした結果は以下の通り。それぞれの環境で結果が異なることもある。

携帯にアプリ無しのとき

クラウド上からそのまま開くと,クラウドのアプリが対応していれば,pptx, ppsxともにスライドは表示する。しかしスライドショーはできない場合がほとんど。

ファイルを携帯端末にダウンロードしてから開こうとすると,開けない。

携帯にOfficeをインストールしたとき。

ファイルをダウンロードする,しないに関わらずファイルを開き,スライドショーを実行できる。しかしスライドショーの記録にwebカメラ(話し手の顔など)をはめ込むと音がでない。カメラの像もフリーズする。webカメラのはめ込み無しだと音がでる。
(動画がすべてだめというのではない。webカメラの映像を埋め込んだときがだめのようだ)


iPadの「画面収録」を使う

iPadのパワーポイントでスライドショーを実施しながら,「画面収録」をつかって表示画面を記録できる。記録した結果は写真にビデオとして記録される。
スライドショーのペンを使って書き込みながら録画する時に,Apple Penを使うことができるので,書き込みながら録画する時の実用性は非常に高い。
白紙のスライドを使って板書風録画も実用レベル。



iPadの画面の右受けから下にワイプして,コントロールセンターを表示する。
録画マークを長押し。 


















選択されていなければ,収録先に写真を選択。 
マイクのオンを選択。
収録を開始

次回以降は,コントロールセンターから直接録画を開始できる。

収録後は,写真にmp4ファイルができている。

0 件のコメント:

コメントを投稿